システム開発は役割を決めて手順にそって作業を行いますが、手順の終盤について記載をしています。

システム開発とは何か



MENUシステム開発とは何か
システム開発とは何か

システム開発の手順の終盤について

システム開発を行う上で重要なのは、役割分担をしっかり決めておくことが大切です。その役割の人達が担当した手順にそって作業を進めていくことが、スムーズに開発を進めるコツになります。そんな開発の手順のなかで終盤に行われ作業があります。そんな手順の終盤にあたる内容について記載していきたいと思います。手順として序盤で作ってほしいシステムをしっかり決めて設計を作りあげ、中盤でそのシステムを作り上げていきます。そして中盤で完成したシステムがちゃんと完成しているかどうかを確認する作業が終盤になります。

出来あがったシステムがちゃんと機能するかというテストが行われます。また、序盤でユーザーが求めたコンピューターに期待する機能がしっかり作られているかなどの確認も必要になります。SEの作った設計図にそって作られているかを検証したり検品して業務環境に使用できるか確認し、問題がなければ実際の業務で導入するかたちになります。そのあとは、導入前の効果と導入後の効果を比べることによって、効果や効率が良い結果がでればシステム開発がうまくいったことになります。