システム開発を行うには手順がありますが、その手順のなかの中盤に行われる内容について記載しています。

システム開発とは何か



MENUシステム開発とは何か
システム開発とは何か

システム開発の手順の中盤について

システム開発は、しっかりと役割分担を決めたうえで手順にそって開発を行っていくことになります。まず、手順として序盤の作業が行われます。序盤では、開発してほしいユーザーの希望をしっかり決め、それについてSEが設計図を作り実際プログラムができるかどうかを組み立てていきます。そこまでが決まれば、次の手順は中盤の作業になります。中盤では、実際にSEが作った設計図を基にコンピュータのシステムを作成する作業になります。つまり、ユーザーがコンピューターに期待するものを現実に作り上げる作業になります。

SEが作り上げた設計図を基に、システムを構築していく作業がスタートします。このシステムを実際作る作業ですが、家を建てる際に大工さんに頼むのと同じように、プログラムを作り上げるプロに任せることが大切です。それも、信頼できる施工技術者に依頼することが重要です。プログラムはとても作るのが難しく、なにか変更を加えると、どこかでシステムが動かないといったとても繊細で手間のかかる作業になります。システムを作る上で、本当に必要な機能を作ることに絞り込んで作業をすることが大切になってきます。