システム開発を行う上で手順が重要になりますが、その手順のなかの序盤に行う作業について記載しています。

システム開発とは何か



MENUシステム開発とは何か
システム開発とは何か

システム開発の序盤の開発について

システム開発とは業務の仕組みを作り上げるという事であり、とても重要な開発の1つと言えます。そのシステム開発を行う際はしっかり役割分担を決めて作業を行う事になりますが、そんな開発を行う際に手順があります。その手順のなかの序盤に行われる作業について記載していこうと思います。まず、システム開発を行う上で手順である序盤の段階で重要な役割を担うのは、ユーザーである建てぬしの役割が主体となります。システム開発を行う上で、検討を行う段階と言えます。企業を大きくしていくと言った事や、ライバル企業との戦いもありますので、新しくしたい業務をイメージしていきます。

そしてイメージする業務の中で、コンピュータに求めるものや期待するものをしっかり明らかにしていくことが重要になってきます。そんなユーザーからの要望に対して、SEの役割はプログラムのモデルを考えていきます。コンピューターに求める期待にたいして、その期待に応えるためのプロセスを設計図にしてまとめていく作業になります。このSE担当の方が行う設計は、あくまでコンピューターに期待するシステムが実際作れるかどうかの検討作業になり、この工程はシステム開発では最も大切なポジションにあるといえます。

オススメのサイト