システム開発とは会社の業務の効率化を図るのに大切なものですが、それらの進め方について記載しています。

システム開発とは何か



MENUシステム開発とは何か
システム開発とは何か

システム開発を進め方について

システム開発とは、業務の仕組みを作り上げることであり重要な部分といえますが、実際どのようにシステム開発を進めていけばよいかを判らない人も多く居ると思います。業務の仕組みを作るにしても、複数の組織などが関係していたりと色々複雑している場合が多々あると思います。その場合のシステム開発を円滑に成功させるには、開発に携わる人たちの分担や役割をしっかり決めておく必要があり、それが一番重要な事になります。システム開発には、多くの役割が実際に存在しておりますので、それをしっかり整理して担当をつけることが重要になります。

まず、システム開発を行う関係者の中での役割をしっかり把握します。まず、ユーザーである立てぬしの方は、業務を効率よくすすめるためのイメージを考えなくてはいけません。どのような機能を要望しており、それらによってどのようなことをコンピューターに期待するのかを明確に示します。次に、SEと呼ばれる建築士です。業務の仕組みを把握したうえで設計を行い、コンピューターの連携方法などをしっかり整理まとめる必要があります。プログラムは施工技術者ですので、求められるコンピューターの期待を実現するために作成します。最後にプログラムマネージャです。現場監督として、システム開発の計画をたててコントロールする必要があります。これらの役割をしっかい把握しておく必要があります。